FC2ブログ

他人のふんどしを借りる(ひとのふんどしをかりる) 

永岡はそのことをよく知っていたが、しかし起ちあがらざるをえず、となれば起ちあがるための戦略は、どうしても他人のふんどしを借りるような手練手管になりかねない。

(司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


[ 2008/02/02 15:54 ] 表現・言い回し | TB(0) | CM(0)

駅逓寮(えきていりょう) 

「去る一日薩人某長州前原一誠に贈りたる書状は何か仔細ある書面にや、駅逓寮にて之を押収し、・・・

(司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)



[ 2008/02/01 13:45 ] 軍事・政治 | TB(0) | CM(0)

帝都(ていと) 

 木戸孝允もこの槇村を大いに尊重した。木戸は帝都が東京に移ったあとの京都の衰頽と人心の不安を気にし、この槇村に説き、貴下は中央の官につかず、ぜひ京都にとどまってもらいたいとたのんだ。
(司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)



帝都の平和は、私達が守ります。
(サクラ大戦より)



[ 2008/01/31 02:42 ] 軍事・政治 | TB(0) | CM(0)

大男さぁ(うどさぁ) 

 この旧城下の町では、町人は西郷をまず知らない。士族は、たいていの者が、この「大男さぁ」を知っている。
司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


[ 2008/01/31 02:22 ] 方言 | TB(0) | CM(0)

お知らせ 

 リニューアルいたしました。主な変更点は次のとおりです。

①テンプレートを変更し、カスタマイズしてみました
 ベースとなるテンプレートは「FC2ブログのテンプレート工房」様から頂きました。
    製作者 : いたお
    名称 : lightframe_monotone
 ヘッダ背景などの素材は、「篆刻素材AOI」様から頂きました。
 かなりハマりこんでしまい、背景などもいろいろ考えたのですが、結局このようなシンプルなものに落ち着いてしまいました。

②ブログ名称が変わりました 
 今後、日本語に限らず、他の外国語などにも範囲を広げる可能性があること、もう少しアバウトでいいかげんな感じの名前がいいと思ったことなどから、ブログ名称を「日本語採集」から「文字列マニヤ」に変更しました。

③改名しました
 六尺三寸から六尺に変えました。なんとなく、三寸はよけいな感じがしたからです。



 今後とも、よろしくお願い致します。



[ 2008/01/29 03:24 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

お知らせ 

ブログを始めて1ヶ月と半分ほどが立ちましたが、少し飽きてきたので、大幅リニューアルを考えております。

とりあえず、テンプレートを変更しました。カスタマイズというものに挑戦してみようかとも思います。

ブログの内容も、いっそのこと「日記」的なものにしようかと思っております。日本語の採集という当初の方針は、継承する予定です。
[ 2008/01/24 13:06 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

紫檀(したん) 

柳原は、供の者でも待つような粗末な部屋に待たされ、やがて別な部屋に通された。そこには、紫檀の小さな卓子と椅子が二つ置かれている。

司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


テーブルの素材が紫檀なのだから、当然、紫檀の樹というのがあるのだろう。どんな樹なのだろうか。

[ 2008/01/19 07:37 ] 草木 | TB(0) | CM(0)

輜重(しちょう) 

 日本陸軍は、軍隊にもっとも必要な輜重さえ持っておらず、輜重という思想もなかった。

司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


 三省堂、大辞林によれば、「輜」は衣類をのせる車、「重」は荷をのせる車の意とのことである。昔の軍隊の補給部隊みたいなもののことだろう。

ちなみに囲碁用語で「シチョウ」ということばがあって、「シチョウ知らずに碁を打つな」とまで言われるが、このシチョウと輜重は関係ないようだ。
[ 2008/01/19 07:32 ] 軍事・政治 | TB(0) | CM(0)

自分を友達に加える事はできません 

友達申請フォーム
六尺三寸さんに友達申請を行います。
申請相手にお間違いがないかお確かめの上、
画像に表示された認証キーワードを入力して送信して下さい。
※申請する前に管理画面にログインしているかお確かめ下さい。

自分を友達に加える事はできません


なにげなく自分のブログで、(この人と友達になる)をクリックしてみたら、こんなメッセージが出た。しかもご丁寧に、赤で強調してあった。

確かにそうだ。
自分が自分の友達になったら、もう終わっている。

ふぅ・・・。






[ 2008/01/18 14:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

黒ジョカ(くろじょか) 

 西郷は、酒をつつしんでいる。村田新八のみが、焼酎を入れた黒ジョカ(陶製酒器)を横に置き、手酌でもって飲んだ。

司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


黒ジョカは、鹿児島では今でも日常品だろう。最近は焼酎ブームなので、東京の居酒屋でもたまに目にすることがある。

焼酎のお湯割りというものは、お湯を先に入れるのが正式らしい。
(どちらが先でも混ぜれば一緒だと思うのだが)

以前九州に住んでいたとき、年配の方に焼酎を先に入れてお湯割をつくったところ、かなり本気で(冗談抜きに)怒られた経験がある。

黒ジョカは、さらにこだわって、割り水した焼酎を飲む前日から入れておく。こうしておくと更にマイルドになるということか。
[ 2008/01/17 11:33 ] 食器 | TB(0) | CM(1)
カテゴリー
出典