FC2ブログ

荒神さま 

 荒神さまといえば、とにかく神であろう。神ならばなにごともみとおしな筈であるのに、窓から捨てられた湯や茶がよけられず、ひっかけられてから怒って罰を当てる、というのはだらしのないはなしである。
山本周五郎,『ひとごろし』)


 家のまわりではいつも荒神様が見廻っているから、窓から湯茶を捨ててはいけない。 荒神さまの、真の姿について知りたい方は、史実探偵: 平 素人 さんのブログへどうぞ。
卑弥呼が埋めさせた「大量の銅剣と銅鐸」
スポンサーサイト



[ 2007/12/09 16:57 ] 神さま・仏さま | TB(0) | CM(2)
あっはっハッ~、ごめん笑ってしまいました。 「荒神さま」をここまでコケにしてしまうとは! 
私も同感で「お宮さんへお参りしたとき、大きな鈴やドラをガランガランと鳴らす」。 私達のお参りする神様は「只今お参りにきましたと合図?を、しなければならないほどの神様かぁ?、笑止千万なり!」と、やったことがあります。
「言葉の森を昆虫採集」この先も楽しみにしています。  
[ 2007/12/09 21:51 ] [ 編集 ]
平 素人 様、たびたびのコメントありがとうございます。
まだまだ幼いブログですが、いろいろと試して行こうと思います。
今後とも、よろしくお願いします。
[ 2007/12/10 16:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
出典