FC2ブログ

曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 

あの辺は曼珠沙華の多いところだ。至るところに血のしぶいたようなあの花があったに違いない。
海音寺潮五郎,『小次郎と武蔵の間』)


醍醐、伏見、山科野の南端、六地蔵。
図鑑で調べたりはしない。いつか本物と出会うことを、楽しみにしたい。
スポンサーサイト



[ 2007/12/07 19:36 ] 草木 | TB(0) | CM(3)
六尺三寸さん> 図鑑で調べたりはしないでください。そして、もしお調べになっても御ブログへは載せないでください。 「図鑑で調べたりはしない。いつか本物と出会うことを、楽しみにしたい」。 その、いつかを楽しみにしたいから、
[ 2007/12/09 07:05 ] [ 編集 ]
「驚!」このように脱皮変身しましたかぁ~・・、
わたしのほうは、一月のつきの夜行性がやっと直りました。
[ 2008/02/01 05:27 ] [ 編集 ]
夜型人間にはつらい季節です。
はやく、あったかくなって欲しいものです。

平さんはブログ更新しないんですか。


[ 2008/02/01 22:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
出典