FC2ブログ

つくばい 

 雨が、つくばいのそばの三本の楓を濡らしている。

司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)



・・・、岩倉はつくばいの水で手を洗わず、いきなり顔を洗った。
 その動作が、座敷からみえる。大久保はおどろき、
「-それは」
 お顔を洗うべき水ではない、という旨のことをいおうとしたが、大久保の寡黙の習慣がそれを言わせなかった。

司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)

スポンサーサイト



[ 2007/12/22 14:58 ] あまり見かけない物 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
出典