FC2ブログ
月別アーカイブ  [ 2008年01月 ] 

紫檀(したん) 

柳原は、供の者でも待つような粗末な部屋に待たされ、やがて別な部屋に通された。そこには、紫檀の小さな卓子と椅子が二つ置かれている。

司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


テーブルの素材が紫檀なのだから、当然、紫檀の樹というのがあるのだろう。どんな樹なのだろうか。

スポンサーサイト



[ 2008/01/19 07:37 ] 草木 | TB(0) | CM(0)

輜重(しちょう) 

 日本陸軍は、軍隊にもっとも必要な輜重さえ持っておらず、輜重という思想もなかった。

司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


 三省堂、大辞林によれば、「輜」は衣類をのせる車、「重」は荷をのせる車の意とのことである。昔の軍隊の補給部隊みたいなもののことだろう。

ちなみに囲碁用語で「シチョウ」ということばがあって、「シチョウ知らずに碁を打つな」とまで言われるが、このシチョウと輜重は関係ないようだ。
[ 2008/01/19 07:32 ] 軍事・政治 | TB(0) | CM(0)
カテゴリー
出典