FC2ブログ

黒ジョカ(くろじょか) 

 西郷は、酒をつつしんでいる。村田新八のみが、焼酎を入れた黒ジョカ(陶製酒器)を横に置き、手酌でもって飲んだ。

司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


黒ジョカは、鹿児島では今でも日常品だろう。最近は焼酎ブームなので、東京の居酒屋でもたまに目にすることがある。

焼酎のお湯割りというものは、お湯を先に入れるのが正式らしい。
(どちらが先でも混ぜれば一緒だと思うのだが)

以前九州に住んでいたとき、年配の方に焼酎を先に入れてお湯割をつくったところ、かなり本気で(冗談抜きに)怒られた経験がある。

黒ジョカは、さらにこだわって、割り水した焼酎を飲む前日から入れておく。こうしておくと更にマイルドになるということか。
スポンサーサイト



[ 2008/01/17 11:33 ] 食器 | TB(0) | CM(1)

烏滸の沙汰(おこのさた) 

・・・このままでは一朝有事というときに使いものにならぬ人間ができましょう。そうなれば日本国になんのために薩摩人がいるのか、烏滸の沙汰に相成ります、といった。

(司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


「おこがましい」の「おこ」を烏滸と書くらしい。

ようするに、このブログのようなものを烏滸の沙汰ということらしい。
[ 2008/01/17 11:17 ] 表現・言い回し | TB(0) | CM(0)
カテゴリー
出典