FC2ブログ

お知らせ 

 ブログを開始して一ヶ月ほどが過ぎましたが、虫かごが一杯になってきたので、カテゴリーの分類方法を以下のように変更しました。



【絶滅種】
わが国ではすでに絶滅したと考えられる種

【野生絶滅種】
飼育・栽培下でのみ存続している種

【絶滅危惧種】
絶滅の危機に瀕している種

【希少種】
現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種

【地域個体群】
地域的に孤立している個体群で、絶滅のおそれが高いもの

【情報不足】
評価するだけの情報が不足している種



これらの区分は全て採集者の主観によるものですが、生息状況や生息環境の最新の知見に基づきまして、遂次変更、見直しを行う予定です。
スポンサーサイト



[ 2008/01/13 09:35 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

長押(なげし) 

長押に、扁額がかかっている。その扁額はリンカーンが列国の英雄とテーブルをかこんで話しあっている図であった。

司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


鴨居、敷居に続いて長押もよくわかった。
晴れて一人前の日本人になったような気がする。
→ウィキペディア(長押)

ところで「扁額」については、ようするに「絵」ということで流した。
「長押」は自分の中ではクワガタくらいの価値があるが、
「扁額」はハエや蚊の類である。
なぜと聞かれても説明するのは難しい。

[ 2008/01/13 04:38 ] 建築 | TB(0) | CM(0)

鴨居(かもい) 

 格子戸をあけると、すぐ座敷がみえた。立ちあがった真英氏は鴨居に頭がぶつかりそうな骨太の大きさで、太い眉、うるんだようによく光る大きな目、そして頑丈なあごといった風貌は、写真で見る宮崎八郎、宮崎滔天とそっくりであった。

司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


「鴨居」は今まであいまいだったが、ウィキペディアの画像ではっきりした。
→和室(書院造)の各部名称
「鴨居」は、「敷居」とペアである。

しかしなぜ鴨なのか?神社の鳥居と何か関係があるのか?



[ 2008/01/13 04:11 ] 建築 | TB(0) | CM(1)
カテゴリー
出典