FC2ブログ

ブッサキ羽織(ぶっさきばおり) 

 廃刀令のあと、東京の赤坂あたりをうろうろしている年のころ五十ばかりの士族があり、その服装は紺麻のマチ高袴に麻のブッサキ羽織で、長剣を背負い、チョンマゲを結っている、・・・

(司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)

スポンサーサイト



[ 2008/02/04 17:53 ] 衣装・人のなり | TB(0) | CM(0)

厚司 (あつし) 

 衣服は木の枝や岩角などで破れぬよう、帆木綿のようなごつごつした、一見厚司のような生地のものを用いている。脚は股引をつけ、足元は鷹野足袋に山草履という姿であった。

司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)



厚司というとなんだか人の名前のようで、全く未知のことばだと思っていたが、調べて見ると意外なことが分かった。

アイヌの民族衣装で、カラフルなデザインが織り込まれた着物のようなものがあるが、あれが厚司である。

オヒョウなどの皮を細く裂いて織る、とのことであった。

ちなみにオヒョウとはニレ科の植物で、魚のオヒョウ(カレイのばかでかいようなやつ)ではない。

アイヌでは鮭革の靴というものがあるらしいのでひょっとして?と思ったのだが、いくらなんでも魚の皮の衣服は無いらしい。

[ 2008/01/14 23:17 ] 衣装・人のなり | TB(0) | CM(0)

丹前(たんぜん) 

まずは丹前、浴衣から、

(平素人氏のコメントより)



丹前、どてら、半纏、羽織、といったものがモヤモヤとしたイメージとなって、頭の中に渦巻いていました。

半纏は以前よく着ていました。コタツに入ったとき、背中が寒い為に着るもの、と理解して良いかと思います。

丹前とどてらについては、以前参考にさせて頂いた早坂伊織さんのブログに、まさにこの記事が載っていましたので、また勉強させて頂きました。
→早坂伊織の”着物魂”

丹前は、昔の剣客である丹下作善左膳と何か関係があるのではないかと思っておりましたが、一切関係ありません。無くなった家の祖父が着ていたのを、なんとなく覚えています。ちなみに、母親に聞いてみたところ、前と前にアクセントを置くのは誤りで(ベンゼンのように)、丹と後ろにアクセントを置くように注意されました。


[ 2007/12/28 13:23 ] 衣装・人のなり | TB(0) | CM(5)

兵児帯(へこおび) 

 桐野利秋はぐるりと兵児帯を巻きつけると、
「飯ゅ、食っていかんか」
 と、川路のほうへむいた。
司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)



兵児帯(前からみたところ)
兵児帯(前)
(出典:「男のきもの大全」,帯の結び方)

兵児帯(後ろからみたところ、双輪(もろわ)結び )
兵児帯(後)
(出典:「男のきもの大全」,帯の結び方)


 画像は「男のきもの大全」を運営される、早坂伊織氏の許可を頂いて掲載しました。こちらのサイトでは、きものの帯の結び方や、和装アイテムなどについての、非常に詳しい説明があります。
 「兵児帯」に対する帯として「角帯」というものがあり、こちらの方がむしろ一般的なようです。角帯はその名の通り硬く、あらかじめ帯の幅が決まっているのに対し、兵児帯は素材が柔らかく、着けた後に帯幅を自由に調整できるという利点があるそうです。
 ちなみに早坂氏の場合は、逆にその柔らかさがしっくりこないという理由から、兵児帯はあまり着けないとのことです。

 最近では女性の間でも、「浴衣に兵児帯」というのが流行っているようで、画像検索すると、とても華やかな兵児帯姿が多く目にとまりました。

 なんだか、きものもカッコいいですね。着てみたくなりました。


男のきもの大全
[ 2007/12/23 16:30 ] 衣装・人のなり | TB(0) | CM(4)

布衣(ほい) 

その服装は江戸幕府の正式の礼装である。三人の使節は狩衣に烏帽子を頂き、腰には鞘巻きの太刀を佩いていた。随行員の長である外国奉行支配組頭柴田貞太郎は布衣に烏帽子でふとった腰を鞍の上にすえ、ほかは熨斗目上下姿で騎行した。
司馬遼太郎,『翔ぶが如く』)


 時代小説を読んでいると、こういった昔の装束なんかの描写がよく出てくる。詳しい人が読めば、こんな表現に出会ったとき、ありありとイメージが頭の中に浮かんできて、まるで自分がその時代にいるかのような気分を味わえるんだろうなと、うらやましく思う。

 私などは、狩衣に烏帽子、布衣に烏帽子、熨斗目裃なんて言われても、なんとなくテレビで見た時代劇の光景がモヤモヤと頭の中に浮かぶだけである。

ただ、そのモヤモヤの中に、時間の隔たりというか、非現実感、非日常感みたいなものがあって、なんというか、心地よさを感じる。

 狩衣とか布衣とか、この小説を読んでいく上ではさして重要ではない言葉だと思うけれど、「ほい」という読み方が面白いので拾ってみた。

[ 2007/12/11 17:03 ] 衣装・人のなり | TB(0) | CM(3)
カテゴリー
出典